全国トライアル製品

負圧差潅水システム (セラミックスを利用した植物栽培システム)

【最終更新日】2014/03/17
負圧差潅水システム (セラミックスを利用した植物栽培システム)の製品写真1負圧差潅水システム (セラミックスを利用した植物栽培システム)の製品写真2

概要

製品名負圧差潅水システム (セラミックスを利用した植物栽培システム)
製品概要多孔質セラミックスを応用した農業用潅水システム。筒状の多孔質セラミックスを樹脂製チューブで連結し地中に埋設。セラミックスから土へと水が少しずつ移動し、土の中に保水エリアを形成。植物は必要な分の水分を吸収するシステム。
活動分野環境・省エネ・リサイクル
販売先
企業名有限会社久保田稔製陶所
住所〒849-4166
西松浦郡有田町北ノ川内丙1050番地1
代表者名久保田 剛
業種製陶業
TEL0955-46-3164
FAX0955-46-4782
E-Mailkyuemon@bronze.ocn.ne.jp
URLhttp://www.kyuemongama.com
連絡担当者名

販売実績

参考価格

納入先の敷地面積や規模に応じて見積り

その他

<佐賀県トライアル発注での評価>
 イチゴに関しては現在収穫期途中だが、果実の平均糖度が対照区と比べ2度程度上昇するという良い結果が得られた。また、今回のシステム導入の際に太陽光パネルを一緒に導入してもらい、その電力で水の循環を行っている。そのため、自然エネルギーのみの電力供給となり、非常にエコな灌水システムを導入することができた。本校では、環境保全型農業の推進にも力を入れているため、この灌水システムでの栽培技術の確立に努めたい。
 育成途中、水分が供給されていない時期があったようで、イチゴが乾燥によるストレスを感じている。トマトに関しては、水分補給が途中上手くいかず、慣行栽培より草丈、茎の直径、収穫ともに劣る結果となった。事業者と一緒にこの問題を解決しながら、ブランド開発や環境保全型農業の推進のために活用していきたい。

この製品に関するお問い合わせ

この製品に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

【この情報は、「佐賀県」により登録されました 】
トライアル発注全国ネットワーク事務局
佐賀県産業労働部 産業企画課 Facebook: https://www.facebook.com/SagaIClab
(ただし、個別の製品情報については認定等を行った各自治体あて、お尋ねください)
 TEL:0952-25-7586 FAX:0952-25-7290 trial@pref.saga.lg.jp

Copyright (C)Trial Order Japan Network All Rights reserved.